SDGs in Kansaiについて

関西からSDGs達成に向けたアクションを

SDGsは2015年に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されています。その背景には、貧困、不平等、気候変動などのさまざまな課題があります。これらの課題は人間の安全保障や人として生きる尊厳に関わるだけでなく、この先の世代もより良く生きていくためにも解決が急務です。

しかし、SDGsで掲げられている課題は一つ一つが複雑に絡み合っているため、一つの問題が別の問題を誘発したり、新たな問題を生んだりします。どうすればこれらの複雑で難解な問題を克服できるのでしょうか?私たち関西NGO協議会はさまざまなアクターが持ちうる力や知恵を合わせて、共に問題に立ち向かうことが重要だと考えています。

SDGs in Kansaiの目指すもの

SDGsの達成に向けて地域社会ができることがたくさんあります。SDGsが示している課題は国際社会、日本社会、地域社会それぞれのレベルで私たちの生活と密接に関わっています。SDGsの達成に向けて、私たち関西NGO協議会は市民社会の立場から、企業や教育機関、行政とのパートナーシップを重視します。また、市民の意思を反映させた決定のプロセスを大切にしながら、NGOの市民としての視点から「自然・環境」「経済」「社会」の調和のとれた社会を目指します。

 

SDGs in Kansaiの取り組み

関西NGO協議会はSDGsの達成に向けて異なるセクターを接合し、パートナーシップを推進していくための取り組みを行っています。これまで行ってきた具体的な取り組みには「関西SDGsプラットフォーム」「かんさいCSネットワークフォーラム」「KANSAI-SDGs市民アジェンダ」そしてJICAと協働で行っている研修「SDGsを通して考える、社会課題解決のためのとりくみと協働のかたち」などがあります。
詳細は以下をご確認ください。

関西SDGsプラットフォーム

民間企業、NPO・NGOなどの市民社会、大学や研究機関、行政など異なるセクターに関わるすべての人にとってSDGsへ取り組むことが重要であることをアピールしていきます。また、それぞれのステークホルダーが連携、協働することで関西地域の持続可能な社会構築に資する活動や、高い社会的価値を生み出す経済活動を加速させることを目的としています。

かんさいCSネットワークフォーラム

関西地域を拠点に活動するNPO・NGOと関西地域の中堅・中小企業との出会いの場を作りながら、地域を含む地球規模の課題解決に向けて、お互いの資源や能力を提供し、協働する機会を推進する関西地域のフォーラムです。関心のある企業やNPO・NGOの関係の方々など、どなたでもご参加いただけます。

KANSAI-SDGs市民アジェンダ

SDGsは目標達成を2030年としています。2030年に向けて、私たちはどのような“KANSAI”を、そしてどのような“自分”たちを思い描くのでしょうか?関西地域からSDGsを達成していくために「市民による市民のためのSDGs市民アジェンダ策定」を市民の皆さんと一緒に考えていきます。

SDGsを通して考える、社会課題解決のためのとりくみと協働のかたち

社会課題に取り組んだり、そのために他セクターとの連携を目指すNPO・NGO、またそれらのNPO・NGOと連携したいと考えている企業などを対象とした、SDGsに関する理解を促進するための研修事業です。SDGsへの理解を組織の活動に浸透・定着させ、異なるセクターと連携して社会問題解決するための方法を学びます。この事業はJICAの「NGO等活動支援事業」において「マルチステークホルダー型パートナーシップを通じて、地球規模や地域の課題を解決する人材/団体の育成」として採択されました。

 

タイトルとURLをコピーしました