1. フェアトレードって何ですか?

フェアトレード(fair trade)を直訳すると「公正な貿易」となり、言葉からは「何となくだけど、平等な条件で貿易をすることかな」と想像できます。確かにその通りです。

ただ、フェアトレードとは「公正に」貿易することのみを指すのではなく、公正な貿易を継続することによって、生産者の生活向上を支えるという意味が含まれます。ここで言う「公正」は生産者に支払われる賃金の公正さのことです。

私たち消費者は、フェアトレードで取引された商品を買うことで、身近に国際協力ができます。つまり、フェアトレードは、国際協力の一つの形であるといえます。フェアトレードの方法は、団体により様々ですが、大体下図のような流れで行われます。

2. どうしてフェアトレードが必要なのですか?

先進国で消費される様々なものの生産地の多くはいわゆる「発展途上国」にあり、そこで様々な問題が起こっています。

例1)農業

現地の環境にやさしい伝統的な農業では国際競争に対抗できず、 一定量の収穫を確保するため農薬や化学肥料に頼らざるを得なくなります。

現地の環境や労働者の健康に影響が出ている場合もあります。

例2)子ども

大人に比べて賃金が安い、手先が器用などの理由で子どもが働かされることも少なくありません。そのため、学校にいけない子どももたくさんいるのです。

例3)女性

女性は男性に比べて社会的地位が低い場合が多く、教育を受けられなかったり、自立できるような仕事に就くことが難しいといった問題があります。例えば、フェアトレードによって現地の伝統工芸品を取引きすることで、女性の自立を支援することができます。

不当な賃金しか得られない労働者たちを救うため、金銭的な援助をすればいいではないか、という声もあるでしょう。しかし、「援助」としてただ金銭を与え続けていては、労働者たちは労働意欲がなくなってしまいますし、何より、いつまで経っても「自分たちの力」で経済活動を担っていくための土壌が育ちません。また、途上国の生産者たちからも、「援助ではなく、対等なビジネスパートナーとして交易をして欲しい」という切実な訴えがあります。

それゆえ、伝統、環境、人権に保護しながら、生産者たちと持続的な取引を行うフェアトレードが必要とされるのです。

3. どのような取り引きであれば、「フェアトレード」だといえるのですか?

フェアトレードの一般的な定義は「公正な貿易を継続することにより、生産者の経済的な自立を促し、持続的な生活向上を支える」ということです。しかし、フェアトレードの細かな目的や基準は、各団体の考え方、立場、生産国の状況などにより異なってきます。

ここでは各団体に共通する基準を紹介します。

フェアトレードの基準

  1. 継続的な取引を前提とする(=持続的経済活動の提供)
  2. 環境に配慮し、持続可能な生産を前提とする(=環境の保護)
  3. 伝統的な技法、農法による生産を行っている(=伝統の保護)
  4. 生産者の自立の為のプロジェクトとして行われている事業である(=自立支援)
  5. 支援事業であると同時に、貿易事業としても収支が合うものである(=「取引」の提供)
  6. 商品として一般市場に流通可能な品質のものを提供できる(=生産の質の向上)
  7. 生産者の要請、ニーズに基づいた対等な事業である(=平等・公正な取引)

4. フェアトレードではどのような商品が取り扱われているのですか?

コーヒーや紅茶、砂糖、カカオなどの農作物の他に、現地の伝統的な手法で作られた民芸品、工芸品、紙製品、布製品など、 取り扱われている商品は多岐に渡ります。フェアトレード団体やショップのウェブサイトで実際にご覧になってみてください。

フェアトレードの現在の動きは?

現在、様々な国や地域でフェアトレードが行われており、また、フェアトレード団体同士の国を越えた交流も行われています。まだそのネットワークは整備されたものではないものの、フェアトレード活動を世界的に統一する方向に向かう流れもあります。

その流れを引っ張っているのは、ヨーロッパに拠点を置くフェアトレード団体です。以下、国際的にも影響力の強いヨーロッパのフェアトレード団体とその活動を紹介します。

EFTA(The European Fair Trade Association)

1990年に、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、スイス、そしてイギリスの9ケ国12の輸入及び貿易を行う会社や団体により設立された協会で、輸入が効率よくできることを目指し、 生産者や商品の情報交換、貿易政策の改善などを目指しています。

FLOインターナショナル(Fair-trade Labelling Organizations International)

1997年に設立された団体で、現在ヨーロッパ各国、カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本を含む20ヶ国で導入されているフェアトレードラベルのネットワーク組織。

その適用は、大方食品、嗜好品に限定されていて、大部分はコーヒーに適用されている状況ですが、その商品への基準作りとモニターをして、現在までにFLOに登録する中南米、アフリカ、アジアの50ヶ国以上、433生産組合、約100万世帯の農民と労働者の間で契約を交わしています。

IFAT(International Federation for Alternative Trade)

1989年の5月に、アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、日本、北アメリカ、南アメリカの国々のオールタナティブ団体により設立。

協同してフォーラムを開いて、情報の交換を行い、共通課題の解決とフェアトレードを促進して行く北のフェアトレード組織と、 南の生産者の橋渡しを行っています。現在は60ヶ国、260団体が加盟し、生産者の持続的な生活向上を目指しています。

6. 日本でフェアトレードを行っている団体やフェアトレード商品を扱っている団体を教えてください。

フェアトレードショップ情報をご覧下さい。なお、当会の事務所にもパンフレットなどを置いています。