団体概要

団体名 RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
住所 大阪市淀川区東三国4丁目9-13
電話番号 06-6335-4440
FAX番号 06-6335-4440
ホームページ http://rafiq.jp./
E-mail rafiqtomodati@yahoo.co.jp
会員数 75名
職員数 運営委員9名(全員無償)

特徴

関西で唯一の難民支援団体として、日本に逃れてきた難民を支援しています。
法的支援、生活支援、市民啓発、政策提言の四つを柱とし、
難民認定申請のサポートから、就労不可とされている仮放免中の難民への食料・生活用品の提供、
頼る人も住む場所もない人へのシェルター提供等、難民に寄り添い自立をお手伝いする活動を幅引く展開しています。
また、日本ではなかなか認定されない難民への理解と協力が得られるように啓発イベントも数多く行っています。

参加方法

会員登録 会費:年間(9月~翌年8月)
一般3,000円、学生1,000円、団体会員5,000円、賛助会員10,000円
ボランティア登録 無料
ただし、登録前に必ず難民初級講座・ボランティア説明会
(一般2,000円、会員・学生1,000円 ※テキスト代を含む。)を受けていただきます。

ひとことPR

RAFIQ(ラフィク)は、ペルシャ語・アラビア語で「友だち」を意味します。
私たちが初めて支援したアフガニスタン難民の母語(ペルシャ語)から採りました。
世界で7,000万人ともいわれる難民は、日本にもいます。RAFIQは2002年の発足以来、
「難民と一緒に暮らせる街」を目指して、関西在住のあらゆる国籍の難民を支援しています。

団体一覧へ戻る