ワン・ワールド・フェスティバルfor Youth
~高校生のための国際交流・国際協力EXPO 2015~
「知る・触れる・つながる世界」を開催しました

2015年12月26日(土)、大阪国際交流センター(アイハウス)でワン・ワールド・フェスティバルfor Youth~高校生のための国際交流・国際協力EXPO 2015~「知る・触れる・つながる世界」が開催されました。昨年に引き続き第二回目の開催となった今年は、延べ5000人の方にお越しいただき、盛況を博しました。開催のためにご尽力いただきました皆様、参加者の皆様、有り難うございました。

ワン・ワールド・フェスティバルfor Youthは、日本で初めての高校生のための、高校生による国際交流・国際協力EXPOです。今年は7校14人によって高校生実行委員会が組織され、夏から定期的に委員会を開催しイベントの企画・立案を行ってきました。また、NGO、高校教員、大学教員などで構成された運営委員会が運営を担い、様々なセクターが集う形で開催されました。
今日、グローバル化の流れの中で世界が抱える問題はますます多様化しています。そういった問題に対して、興味関心を持ち実際にアクションを起こせる若い世代を育てたい、またこのイベントを通して興味関心を同じくする高校生同士、NGOなどのセクターがつながってほしいという思いから開催に至りました。当日はポスターセッション、ブース展示、ワークショップKONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA、ファッションショーなどのパフォーマンス、講演会、企業による社会貢献活動プレゼンテーションなど様々なプログラムが開催されました。

ポスターセッションでは、25チームの応募の中から一次審査を通過した9校12チームが自分たちの学習したことや、研究したことを発表しました。ポスターの質もさることながら、高校生の学習の成果とその発表には感心させられました。

IMGP2217

 

午後にはポスターセッションで入賞した5チームが2階のステージにて発表を行い、多くのお客さんが詰めかけました。発表後の質疑応答にも流暢に答える様子から、学習の深まりを感じることができました。ステージではその他にも、バンド演奏、各国の民族衣装ファッションショー、韓国伝統楽器サムルノリの演奏がありました。高校生の普段の練習の成果に会場は大盛り上がりでした。
 


高校生による活動報告会では、異文化理解や地域課題解決、東北大震災復興支援などのテーマで活動に取り組んだ高校生が活動の成果を発表しました。福島の高
校生も参加するなど高校生同士、お互いのこれからの活動にとって良い刺激を受けられたことと思います。

また、高校生活動助成プログラムには27チームもの応募の中から一次審査を通過した5チームが、自らの実践したい国際交流・国際協力のプランを発表しました。オリジナリティあふれる高校生のアイディアがこの先どのように実現されていくのかがとても楽しみです。

その他にも「イスラムってなんだろう?」 「OH!BENTO☆」 IMGP2448「Children of the World」「ガザの子どもたちは今」など、様々な切り口から国際課題を考える様々なワークショップが開催されました。どのワークショップにも多くの参加者が詰めかけました。高校生にとってNGOスタッフから直接話を聞けるよい機会になったのではないでしょうか。
3階では社会貢献活動に取り組む企業の活動が紹介されました。各企業のプレゼンテーション後には参加者が質問しながらさらに詳しい説明を聞くことができ、企業が考える持続可能な社会への貢献の形を知ることができました。
K3IM1339
2階のさくらの間では高校生、学生団体、大学機関、NGO・NPO、企業などによるブース出展がありました。各セクターが国際交流・国際協力に向けてどのような活動を行っているのか、今まで知らなかった団体の活動を知れたことで高校生の視野がより一層広がったと思います。

当日はカフェ・ワンワールドにて高校生によるお菓子や飲み物の販売と併せて、ネパール・インドネシア・アフガニスタンなど7カ国の本格的な料理が提供されました。各国の料理を食べながらその国に想いを馳せるのも、国際というフィールドへの入り口の一つかもしれません。

ワン・ワールド・フェスティバル for Youthは皆様のおかげで、今年で2回目を迎えることができました。今年は34校が参加し、それぞれにポスターセッション、ブース展示、助成プログラムと様々な活躍を見せてくれました。このイベントは、高校生にとっても参加者にとっても、日本と世界の未来を考える機会になったと思います。私たちにとってもこれからの若い世代の活力と熱意を感じることができ、非常に学びの多いイベントとなりました。これからも高校生のみなさんのますますの活躍とグローバル課題解決への貢献を応援していきたいと思います。

報告者  関西NGO協議会インターン 岩根あずさ

【写真】ワン・ワールド・フェスティバル for Youthボランティア(山下/森)(撮影日:2015.12.26)