公益財団法人 アジア福祉教育財団難民事業本部、公益財団法人 神戸YMCA

セミナー「わたしたちの難民問題2015/Vol.16」

詳細URL:http://www.rhq.gr.jp/

セミナー「わたしたちの難民問題2015/Vol.16」を開催します

チラシ「わたしたちの難民問題2015」 PDF:264KB)

難民事業本部では神戸YMCAとの共催で、難民問題を広くみなさんに知っていただくため、
下記のとおりセミナー「わたしたちの難民問題2015/Vol.16」を開催いたします。

紛争や迫害を逃れ、家を追われた人が、世界各地に約6,000万人いると推定されています。
日本にもさまざまな国から難民が庇護を求めて来ています。難民本人、支援者、研究者のお
話を聞いて、わたしたちにできることは何か、一緒に考えてみませんか。

11月11日(水)「ルワンダ内戦の悲劇から学んだこと」

永遠瑠 マリールイズさん(NPO法人ルワンダの教育を考える会・理事長)
1994年に内戦が勃発したルワンダから必死の逃亡の末、隣国の難民キャンプへたどり着いた
マリールイズさん。困難な状況から彼女を救ったのは教育、そして人との繋がりでした。内
戦勃発から難民キャンプ、そして日本へという壮絶な体験についてのお話を伺い、命の尊さ、
平和の大切さについて考えます。

11月25日(水)「日本に暮らすラオス定住難民の現状と多文化共生に向けた課題」

乾 美紀さん(兵庫県立大学・准教授)
ラオス難民が日本にやってきてから数十年が過ぎた現在でも、難民は様々な問題を抱えなが
ら生活しています。日本定住の背景、難民コミュニティの現状、子どもの教育や心の問題、
今後の課題について、これまで研究者、また支援者として関わってこられた乾さんよりお話
しいただき、今どのような支援が必要かを考えます。

12月 2日(水)「さまようロヒンギャ難民 その背景と現状」

根本 敬さん(上智大学・教授)
ミャンマー(ビルマ)西部に住むイスラム系少数民族ロヒンギャ。過去に2度バングラデシュ
に大量流出し、この春も大勢の人が木造船に乗り海上を漂流しているのが発見されました。政
府から国民と認められず、国籍も与えられないロヒンギャの歴史的、政治的背景と現状につい
て、ビルマ研究の第一人者から聞きます。

12月 9日(水)「トルコでのシリア難民支援活動」

景平 義文さん(難民を助ける会・シリア難民支援担当)
長引く内戦の影響で190万人以上のシリア人がトルコに逃れ生活しています。慣れない外国で
の長期にわたる避難生活において、必要な支援とは何でしょうか。難民を助ける会の景平さん
から、2012年より実施しているトルコ南部での支援活動とシリア難民の置かれた現状をお伺い
し、私たちにできることは何かを考えます。

*講師、内容は予告なく変更する場合があります

時間 : 18:30~20:00
場所 : 神戸市青少年会館・研修室(神戸市中央区雲井通5-1-2)
http://www.kobe-youthnet.jp/youthhall/access.html
地下鉄・JR・阪急・阪神 各三宮駅から徒歩5分
定員 : 40名 参加無料
要予約 : お名前、ご連絡先、参加希望日を下記までお知らせください

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

申込・問い合わせ先

難民事業本部関西支部 078-361-1700 kansai@rhq.gr.jp
神戸YMCA国際・奉仕センター 078-241-7204 houshi@kobeymca.org