2015年6月より関西NGO協議会のインターンとして活動してくださる李さんをご紹介します。
SNSを通じた情報発信など広報分野のお仕事を担当していただきます。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

———

初めまして!
6月から来年3月まで、特定非営利活動法人 関西NGO協議会でインターンをさせて頂いている李銀珠(イウンジュ)と申します。韓国からの留学生で、現在は立命館大学大学院 国際関係研究科で平和学を勉強しています。

日本に来たきっかけは、中学生までに教科書やテレビで見聞きしていた日本のイメージと、実際自分が出会った日本人との間に違いを感じ、誰かを通じて情報を得るのではなく、自分の価値観で物事を判断したいと思い、日本に留学を決めました。

確かに日本と韓国の間には様々な歴史・外交問題が存在しています。それに戦争被害国にとっては、歴史は傷でもあり、忘れてはいけない過去でもあります。しかし今はグローバル社会であり、すべての外交関係に過去の問題をつなげていくのは、両国にとって良いものであるとは思いません。

日本と韓国のように、今の世の中には様々な問題があります。人権・環境・戦争など、一国では対処できない問題が多数あります。それに過去に比べて問題の形態が複雑になっています。そのため各政府が共に考える必要があります。しかし各政府にとっては、自国民の安全が最優先であるため、世界共通の課題を解決するには限界があると考えられます。

そこで今一番国際協力・平和な世界づくりに必要な存在は、NGO・NPO団体であると思います。そしてNGO・NPO団体を支えてくださるのは、一般の市民であり、皆さんです。皆さんの関心によって世界は変わり、平和になれると、私は信じています。

今後のインターンの活動をホームページやSNSを通じて皆さんにも発信し、一緒に問題を考える時間をつくりたいと思います。

未熟ではありますが、暖かい気持ちで応援してください。今後関西NGO協議会のインターンとして責任感を持ち、国際協力・課題についての知識を身に付け、同世代に向けて発信していきます。この目標を持ち、今後国際協力において自分が出来ることを見つけていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

関西NGO協議会 インターン 李 銀珠