公益財団法人 PHD協会
【第19期国内研修生募集】
http://www.phd-kobe.org/internbosyu.html

海外研修生とともに学び、
アジア・南太平洋の草の根の人々と共に生きるための活動に関わりませんか?

募集人員

■ 研修担当 1名
■ 啓発担当 1名

研修期間

■ 2015年5月より2016年3月まで
■ 研修・啓発担当ともに週3-5日
■ 9:00~18:00を原則としますが、相談に応じます

研修地

■ 主に当協会事務所
■ 海外研修生の研修現場(主に兵庫県内)
■ 他団体の研修プログラムへの参加

研修内容

1. 共通
■ 海外研修生の農業及び保育などの研修に同行し、学びの現場に立ち会う。
■ スタッフミーティングへの参加。
■ 研修生と一緒に、共通研修、東日本研修旅行(11月に約10日間)、西日本研修旅行(1月に約2週間)への同行が可能(参加日数については要相談)。
■ 海外スタディツアーへの同行が可能(航空券代のみ支給。同行の不可は研修開始時期および研修日数によります)。

2. 研修担当 「海外研修生と有機農業・地域づくりなどを学びたい!という方」
■ 海外研修生の日常的なサポート
■ 海外研修生の送迎に同行し、研修指導者から学ぶ
■ 研修に関わる事務、調整、研修の振り返りへの参加

3. 啓発担当 「広報活動や手工芸品の販売に関わりたい!という方」
■ ホームページやブログの更新による情報発信
■ タイの草木染め手織り布、ネパールの羊毛製品などの商品開発・管理・販売(バザーへの出展)、ボランティアグループ「ソディ」の運営・調整
■ ボランティア対応
■ NGO運営に関わる事務、総務・財務部門のサポート

待遇

■ 交通費支給(上限あり)
■ 無給
■ 研修中の事故等に備え、ボランティア保険加入
■ 名刺支給
■ 海外航空券1回分支給(研修開始時期および研修日数によります)

応募資格等

■ 日本国内居住者であること
■ 日本国内外を問わず、平和で健康な暮らしの実現のための活動を志す人
■ 四年制大学、短期大学、専門学校を卒業、またはそれど同等の能力を持つ人(学生可)
■ 50歳ぐらいまでの人

選考方法

一次選考(書類選考):書類提出 締切4月20日(月)必着
■ 履歴書(写真添付、書式自由)
■ 志望動機文「共に生きる社会への私のアプローチ」 (A4・1枚、800~1200字)
二次選考(面接):4月下旬~5月上旬
■ 応募書類が届いてから約1週間以内に面接日時の調整のご連絡をいたします。

ご応募・お問合せ先

■ 当会の会報などの活動資料をお送りします。お電話、メールにてお問い合わせください。
電話:078-414-7750 Email:info@phd-kobe.org

〒650-0002 神戸市中央区山本通4丁目2-12
(公財)PHD協会 担当:今里・芳田

HP からも募集要項をご覧いただけます。

http://www.phd-kobe.org/internbosyu.html