ソムニード 「対話型ファシリテーション講座」に参加しました

こんにちは、関西NGO協議会インターンの中村です。

私は先日NPO法人ソムニードが開催する「対話型ファシリテーション講座」に参加しました。この講座は、国際協力や日本国内の地域づくり、NGO/NPOの活動に関心がある人、またコミュニケーション力を鍛えて、人や社会の役に立ちたい人を対象としたファシリテーション講座です。講師は海外の地域資源を生かしたコミュニティーづくりに取り組む宮下和佳さんで、シンプルな対話を通して本当の課題を見つける方法を伝授してもらいました。

【講師の宮下さん】  写真:インターン中村 撮影日:8月1日 場所:総合生涯学習センター

【講師の宮下さん】
 写真:インターン中村 撮影日:8月1日  場所:総合生涯学習センター

ソムニードは関西を拠点に活動するNGO団体で、主にインド、ネパール、飛騨高山で活動しています。今回の講座では、宮下さんが関わっているインドの都市スラムで暮らす女性が立ち上げた小さな銀行活動(マイクロファイナンス)の支援について紹介がありました。インドの都市スラムに暮らす人々は多重債務に苦しむ人たちが多く、地元の女性たちは助け合う仕組みを作ろうと、自分たちの貯金だけを元手に運営するミニミニ信用金庫を立ち上げました。宮下さんは、その組織運営の支援をされています。

国際協力の現場で地元の人々と対話する際に大切なことは、「提案しない」ことだと宮下さんは語られました。インドの銀行活動をする女性たちの仕事は、一見上手くやっているように見えるのですが、集金スタッフのミスや会員管理のミスなど問題点がたくさんあったそうです。宮下さんは、それらの問題を単に指摘し解決策を提示するのではなく、上手く質問をなげかけ女性たち自ら問題点や解決策を見つけてもらい、自ら行動変化を起こしてらえるように工夫しました。

では、上手く質問をなげかけるにはどうすればいいのか。それを知りたい方は是非対話型ファシリテーション講座にご参加ください。この講座で学ぶことのできる対話術は、国際協力の現場だけではなく、会議の場や相手に良いアドバイスをしたいとき、あるいは、子育てのなかで普段から使えるスキルです。また、宮下さんは長年国際協力に関わってこられた方ですので、国際協力に関わりたいという方も是非ご参加ください。

〈ホントの課題が見つかる対話術〉

日時: 2014年9月25日(木) 19:00~21:00
場所:西宮市市民交流センター 会議室B
講師:宮下 和佳 (NPO法人ソムニード)
参加費:500円 (資料代として)
定員:30人 どなたでもご参加いただけます
お申込み・お問い合わせ TEL/FAX: 0798-31-7940
NPO法人ソムニード関西事務所 (担当:田中)
Email:west@somneed.org

日時;2014年8月24日 14:00~16:00
場所:T-LABO (みその商店街)
講師:宮下 和佳 (NPO法人ソムニード)
参加費:2000円
定員:20人
お申込み:申込フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=794580)から
申し込み締め切り:8月22日
※※定員になり次第、締め切ります。

ホームページ:http://somneed.org/
Facebook:https://www.facebook.com/SOMNEED?fref=ts