公益財団法人日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハウス活動センター
【2014年度 修学院フォーラム「いのち」第1回「”コントロール幻想”と新・優生思想の時代 」】
関連HP:http://www.academy-kansai.org/program/2014/07/pg-216.php

2007年、米国で重症心身障害児アシュリー(6歳)に行われた”成長抑制療法”が大きな倫理論争となりました。健康な子宮と乳房が摘出され、ホルモン大量投与によって身長の伸びが抑制されたのです。本人の生活の質と在宅介護のためなら、”成長抑制療法”は倫理的に正当化できるでしょうか。科学とテクノロジーの発達によって世界中に”コントロール幻想”が広がりつつあるように見えます。そこでは、いったい何が起こっていて、私たち人間はどのような存在になろうとしているのでしょう。みなさんと考えてみたいと思います。

講 師

児玉 真美さん(著作家)

日 時

7月19日 (土) 13:30~17:30

会 場

関西セミナーハウス(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)

参加費

2,000円、学生500円 (コーヒー代込)

お申込み締切

2014年7月16日(要申し込み)

主催・連絡先

公益財団法人日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハ
ウス活動センター
TEL:075-711-2117、FAX: 075-701-5256
Eメール:office@academy-kansai.org

お申込みフォーム

http://www.academy-kansai.org/application/