2014年、ODA大綱の見直しについて(外務省HP)が発表されました。
特定非営利活動法人関西NGO協議会は意見書、声明を単独または、共同で
提出しました。

関西NGO協議会による改定プロセスに対する意見書(4/16送付)

外務省では、政府開発援助(ODA)大綱見直しに関する有識者懇談会を設置し、

3月から毎月1回開催。ODA大綱改訂への検討が開始されています。

(参考)政府開発援助(ODA)大綱見直しについて
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000033385.pdf

関西NGO協議会では、単独でODA大綱改定プロセスへの意見書を理事会、提言
専門委員会にて作成し、4月16日に外務大臣岸田文雄さんと外務省政務官木原誠
二さんに郵送しました。

関西NGO協議会による改定プロセスに対する意見書PDF

NGO共同による大綱改定のプロセス・内容に関する声明(4/18発表)

関西NGO協議会では「ODA大綱見直しに関するNGO共同声明」に賛同しました。

『途上国の開発と貧困・格差の解消に非軍事的手段で貢献するODAを
=ODA大綱見直しに関するNGO共同声明=』(2014年4月22日現在)PDF

ODA大綱4原則における「非軍事主義」理念の堅持を求める市民声明(4/21発表)

関西NGO協議会が呼びかけ団体の一つとなりました。

「ODA大綱4原則における「非軍事主義」理念の堅持を求める市民声明」PDF