国連総会報告会「ポストMDGsに関する国際動向から見るNGOの役割」が、
名古屋・大阪・福岡で開催されます。大阪は2013年11月30日、関西NGO協議
会の事務局のある大阪聖パウロ教会の一階で行われます。
皆様のご参加をお待ちしております。

【国連総会報告会「ポストMDGsに関する国際動向から見るNGOの役割」】

 今年9月の第68回国連総会にて、2015年までに世界の貧困を半減させるなど8つの
具体的な目標を定めた「ミレニアム開発目標(MDGs)」に関する特別会合が開催さ
れました。ここでは、MDGsの進捗をさらに加速化させること、国内外のあらゆる資
源を活用した新たなグローバル・パートナーシップの推進、および、MDGsの達成期
限である2015年以降のグローバルな開発目標である「ポスト2015年開発目標」につい
て議論がなされました。

「誰も置き去りにしない(Leave No One Behind)」を合言葉に、2030年までに
絶対的貧困をゼロにするなどの国際的目標が作られつつあります。また、開発分野だけ
でなく、障害分野では「障害インクルーシブな開発」といった議論がなされていた
り、昨年開催された「国連・持続可能な開発会議(リオ+20)」以降、環境分野では
「持続可能な開発目標(SDGs)」に関する国際的な議論も進んでいます。

 日本政府は国際保健(Global Health)と災害リスク軽減(Disaster Risk
Reduction)を軸として、様々な国際会議の場でポスト2015年開発目標の議論に加わっ
ています。この議論に、日本の国際協力NGOはどのように関わっていくべきなのでし
ょうか。

 本セミナーでは、国連総会およびサイドイベントに出席したNGOメンバーがそれぞれ
の報告を行い、「ポスト2015年開発目標」の最新潮流をお伝えするとともに、それぞれ
の地域でのゲストをお迎えした講演やグループディスカッションを通じて、日本の国際
協力NGOが「ポスト2015年開発目標」の策定への関わりや、提言活動を実施するうえで
どのように戦略立てて活動できるのかを議論します。

(1)名古屋会場
■日時:2013年11月29日(金)18:30-20:30
■場所:JICA中部 セミナールームB1-3(名古屋市中村区平池町4丁目60-7)
■アクセス:各線「名古屋」駅より徒歩13分
■地図:http://www.jica.go.jp/chubu/office/access_map.html
■対象:国際協力活動に従事するNGO関係者、NGOを支援する公的・民間ドナー関係者、
NGOに関心をもつ市民
■定員:30名(要申込、定員になり次第締切り)
■参加費:無料
■申し込み:https://docs.google.com/forms/d/1LqlN5ij8MnMyifSd2Yvy0S4fcJzD2uMf7FzgQRMUaiU/viewform

■申し込み締め切り:11月22日(金)17:00

■プログラム:
第1部: 報告 (45分)
 ポスト2015開発目標に向けて=「動く→動かす」の歩み=
 国連総会およびサイドイベント、NGO会議の報告
  報告:稲場 雅紀(動く→動かす 事務局長)
     堀内 葵(国際協力NGOセンター 調査提言グループ)

 ポストMDGs課題に保健分野NGOはどのように関わることができるのか
  講師:宇井 志緒利(公益財団法人アジア保健研修所)

第2部:グループディスカッション (75分)
 テーマ:ポストMDGs課題にNGOはどのように関わることができるのか
 ファシリテーター:堀内 葵(国際協力NGOセンター 調査提言グループ)
 コメンテーター:山崎 眞由美(名古屋NGOセンター 副理事長)

(2)大阪会場
■日時:2013年11月30日(土)16:30-19:00
■場所:大阪聖パウロ教会 1階 研修室(大阪市北区茶屋町2-30)
■アクセス:阪急「梅田」駅茶屋町口より徒歩5分、
       大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田」駅北口より徒歩8分、
       JR「大阪」駅より徒歩10分
■地図:http://www.kansaingo.net/about/access/
■対象:国際協力活動に従事するNGO関係者、NGOを支援する公的・民間ドナー関係者、
NGOに関心をもつ市民
■定員:30名(要申込、定員になり次第締切り)
■参加費:無料
■申し込み:https://docs.google.com/forms/d/1LcnPlgE83CysTgE83bGgz4hAX5HlToIUjzlhdAWvvmw/viewform

■申し込み締め切り:11月23日(土)17:00

■プログラム:
第1部: 報告・講演 (55分)
 ポスト2015開発目標に向けて=「動く→動かす」の歩み=
 国連総会およびサイドイベント、NGO会議の報告
   報告:稲場 雅紀(動く→動かす 事務局長)
      堀内 葵(国際協力NGOセンター 調査提言グループ)

 「ポストMDGsの開発におけるNGOの役割と『権利に基づくアプローチ』」
   講演:川村 暁雄(関西NGO協議会 提言専門委員、関西学院大学 教員)

第2部:グループディスカッション(95分)
 テーマ:事業や提言活動を行うにあたり、ポストMDGs課題にNGO・市民は
     どのように関わることができるのか。
 ファシリテーター:岡島 克樹(大阪大谷大学 教員)

(3)福岡会場
■日時: 2013年12月14日(土)14:00-16:30
■場所: リファレンス駅東ビル 会議室P(福岡市博多区博多駅東1丁目16-14)
■アクセス: JR「博多」駅筑紫口より徒歩4分
■地図: http://www.re-rental.com/access/
■対象: 国際協力活動に従事するNGO関係者、NGOを支援する公的・民間ドナー関係者、NGOに関心をもつ市民
■定員: 30名(要申込、定員になり次第締切り)
■参加費: 無料
■申し込み:https://docs.google.com/forms/d/1Eus_aokn6BA-ElxgHFprFZ0joV6DGBqFRi-uZ-sICcE/viewform
 

■プログラム:
第1部: 報告・講演 (45分)
 ポスト2015開発目標に向けて=「動く→動かす」の歩み=
 国連総会およびサイドイベント、NGO会議の報告
   報告:稲場 雅紀(動く→動かす 事務局長)
      堀内 葵(国際協力NGOセンター 調査提言グループ)

 地域で活動するNGOが国際的な議論に関わる意義
   講演:藤井 大輔(債務と貧困を考えるジュビリー九州 代表)

第2部:グループディスカッション(105分)
 テーマ:NGOが事業や提言活動を行うにあたり、
     ポストMDGs課題とどのように関連付けることができるか。
 ファシリテーター:藤井 大輔(債務と貧困を考えるジュビリー九州 代表)

■以下のフォームよりお申し込みください。
・11/29(金) 名古屋会場https://docs.google.com/forms/d/1LqlN5ij8MnMyifSd2Yvy0S4fcJzD2uMf7FzgQRMUaiU/viewform 

・11/30(土) 大阪会場

https://docs.google.com/forms/d/1LcnPlgE83CysTgE83bGgz4hAX5HlToIUjzlhdAWvvmw/viewform 

・12/14(土) 福岡会場 

https://docs.google.com/forms/d/1Eus_aokn6BA-ElxgHFprFZ0joV6DGBqFRi-uZ-sICcE/viewform

多くのNGOの皆様からのご参加をお待ちしております。

■参考:
●国連ハイレベル・パネル報告書「新たなグローバル・パートナーシップ」(英語)
 http://www.post2015hlp.org/wp-content/uploads/2013/05/UN-Report.pdf

●国連事務総長報告書「すべての人々に尊厳のある生活を」(英語)
 http://www.un.org/millenniumgoals/pdf/A%20Life%20of%20Dignity%20for%20All.pdf

●9月25日開催 国連ミレニアム開発目標(MDGs)特別イベント成果文書(英語)
 http://www.un.org/en/ga/search/view_doc.asp?symbol=A/68/L.4
 (概要)http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page3_000438.html

●第68回国連総会におけるポスト2015年開発アジェンダに関する議論(全体像)
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/page3_000433.html

■主催:
 外務省(※平成25年度NGO研究会)

■実施団体:
 (特活)国際協力NGOセンター

■お問い合わせ:
 (特活)国際協力NGOセンター(担当:堀内・山口)
     東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル 5F
     E-mail:advocacy@janic.org
     Tel:03-5292-2911