大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)
【第26回 研究者と実務者による国際協力セミナー
「研究と支援の融合とは:SATREPSの経験を通して」】
関連HP http://glocol.osaka-u.ac.jp/research/131011.html

GLOCOLを中心として実施しているSATREPS「薬剤耐性細菌発生機構の解明と
食品管理における耐性菌モニタリングシステムの開発」(対象国ベトナム)
の経験をもとに、研究と援助の融合、「地球規模課題」という問題設定と
地域との関係、ODAの要請主義と研究プロジェクトのあり方などについて
考察し、議論を行います。

※Science and Technology Research Partnership for
Sustainable Development SATREPS(サトレップス:地球規模課題
対応国際科学技術協力)とは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と
独立行政法人国際協力機構(JICA)が共同で実施している、地球規模課題
解決のために日本と開発途上国の研究者が共同で研究を行う3~5年間の研究
プログラムです。
http://www.jst.go.jp/global/about.html

■講師:住村欣範
(大阪大学グローバルコラボレーションセンター・准教授)

■主催:JICA関西
国立民族学博物館(みんぱく)
大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)

■日時:2013年10月11日(金)18:30~20:30

■場所:JICA関西 オリエンテーションルーム1、2
(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)
アクセス http://www.jica.go.jp/kansai/office/access.html

■参加:無料(定員:50名、先着順)、事前申込み要
「参加申込」と件名に記入し、
(1)お名前、所属、Eメールアドレス、
(2)懇親会(21:00~ JR灘駅近く)参加の有無
jicaminseminar@yahoo.co.jp までメールでお送り下さい。
(10月10日(木)締切)

講師紹介:住村欣範(すみむら よしのり)
大阪大学グローバルコラボレーションセンター准教授。専門は、文化人類学、
東南アジア地域研究。修士(人間科学)、修士(学術)。SATREPSにおいては、
人類学グループ、人材育成グループのグループリーダー。

第26回 研究者と実務者による国際協力セミナーチラシ

■問い合わせ
セミナー事務局:大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)
TEL:06-6879-4442 担当:大野・思

当日連絡先:JICA関西
TEL:078-261-0341 担当:山本・武田