3月20日(水・祝)に世界とつながるカフェイベント「人生を変えた、ネパールのおかあちゃん達の物語~フェアトレードの石鹸作りを通じて~」を開催しました。
このイベントはシャプラニール地域連絡会大阪との共催によって実現しました!

シャプラニール=市民による海外協力の会が
バングラデシュとネパールで、過酷な生活を余儀なくされている女性たちに焦点を当てた
フェアトレードプロジェクト、アーユルヴェーダソープのShe with Shaplaneer(シー ウィズ シャプラニール)。
国際協力関連のイベントやショップでご覧担ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この石鹸の生産者の女性たちが今回のイベントのメインテーマです。

世界とつながるカフェイベント

会場は阿倍野駅すぐのあべのベルタにあるわのわカフェ。
会場の定員いっぱいの約40人の方にご参加いただきました。
親子で参加されている方が多かったのが印象に残っています。

お話は、(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 前ネパール駐在員の勝井裕美さんに
ネパールの概要やシャプラニールのおこなうフェアトレード、石鹸の生産者の女性のライフヒストリーをお話していただきました。

その後はナチュラル石鹸作りのワークショップ。
みなさん和気藹々と石鹸を作っていらっしゃいました。
石鹸作りが一段落すると、ネパールで食べられるモモ(蒸し餃子)とチャイ(お茶)を食べながら、
スピーカーの勝井さんにネパールの事情などをお聞きする時間となりました。

世界とつながるカフェイベント

共催のシャプラニール地域連絡会大阪の方からは
「普段の活動報告会では会えないような方とお会いすることができた」というコメントをいただくなど、
”石鹸””女性””ネパール”など、いろいろなキーワードでご参加してくださったように感じます。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
(スタッフ 田中)

※本イベントの開催にあたっては、復興支援・住宅エコポイントおよび家電エコポイントの環境寄附制度をつうじてご寄付いただいております。ご支援ありがとうございました。
(プロジェクト名:「世界とつながるカフェイベント」)

これからのカフェイベントについてはこちらをご覧ください。
http://www.kansaingo.net/3577/