(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
「グリーン・エコノミーの罠」・『空に溶ける大地』上映会 – フィリピンの日系バイオ燃料事業が曝け出した問題
関連HP:http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2013/02/328–.html

気候変動やエネルギー問題の解決策として、温室効果ガスの削減や再生可能エネルギーへのシフトが推進され、新しい投資分野として「グリーン・エコノミー」と呼ばれるビジネスが拡大しています。
一方で、グリーン・エコノミーが従来の市場主義経済に組み込まれた結果、カーボンオフセットや大規模インフラ事業による土地収奪、人権侵害、環境破壊等が発生しています。
私たちの見えないところで進められるまやかしの「エコ」に惑わされることなく、本質的な温室効果ガスの削減とエネルギー・環境問題の解決を急がなければなりません。
本報告会では、日系企業が出資するフィリピン・バイオエタノール事業による現地への影響を、ドキュメンタリー映像「空に溶ける大地(仮)」、また、現地コミュニティと問題の解決に取り組んでいるNGOからの報告を通じて紹介し、グリーン・エコノミーのあり方を考えます。さらに今日、さまざまな企業が打ち出しているCSRの取 り組みについて、本来どのように企業が社会的責任をとるべきかを考える機会とします。

■日時: 2013年3月28日(木) 19:00~21:00 (18:30開場)

■会場:大阪市立総合生涯学習センター 第5研修室
http://osakademanabu.com/umeda/

■定員:30名

■参加費: 1000円(サポーター・共催団体の会員 500円)

■内容:
・上映会『空に溶ける大地(仮)』 解説 中井 信介
・報告 FoE Japan 波多江 秀枝
・質疑応答

■共催: FoE Japan
フィリピンのこどもたちの未来のための運動 (CFFC)
関西フィリピン人権情報アクションセンター
(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

■協力: No! to Landgrab, Japan
NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
開発と権利のための行動センター

■問合せ・申込み:
FoE Japan (担当: 浅森)
〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-22-203
TEL: 03-6907-7217
E-mail: energy@foejapan.org
ホームページ:http://www.foejapan.org/