新たに申込フォームをご用意しました! 皆さまのご参加をお待ちしています。

関西NGO協議会は、「草の根の活動レベル(〈政策レベル〉ではなく)」、
「地域の眼差し(〈中央の眼差し〉ではなく)」で、
2011年度より関西と九州で調査研究や実践を進めています。

2月の公開シンポジウムでは、事業開発や財源確保に大学との連携を戦略的に
活用しているインドネシアのNGOを招聘します。
大学とNGO関係者と直接意見交換するワークショップなど人脈形成に役立つプログラムで、
新たな事業開発や組織力強化に向けたヒントが満載です。お越しをお待ちしています!

【日時】
2013年2月20日(水)14:00-17:00(開場 13:30)

【会場】
大学コンソーシアム大阪 ルームD・E
 〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-400
 大阪駅前第2ビル4階 キャンパスポート大阪

【主催】
外務省

【プログラム】
(日本語/英語通訳あり)
[第1部]
海外における連携事例の報告
「インドネシアCOMBINE Resource Institutionによる大阪大学のフィールドスタディ受入と
 事業開発の取り組み」(仮題)
<登壇者>
吉富志津代
 大阪大学 グローバルコラボレーションセンター 特任准教授
ランゴアイニ・ジャジャ (ニク)
Ranggoaini Jahja (Nieke)
 Managing Director
 COMBINE Resource Institution

[第2部]
「スマートな連携研究」報告
「共同事業立案」報告
1)フェアプラス×京都造形芸術大学×障害者作業所
  「アパカ・フェアトレード商品開発プロジェクト」
2)海外スタディツアーに関する総合データベース構築事業

[第3部]
大学教員/事務職員、NGOスタッフ
グループディスカッション

【シンポジウム登壇者】
パネリスト(予定)
◆海外からの招聘者(インドネシア)
ランゴアイニ・ジャジャ (ニク)
Ranggoaini Jahja (Nieke) 
Managing Director , COMBINE Resource Institution

◆報告者・パネリスト・コメンテーター(敬称略 50音順)
秋葉武    立命館大学産業社会学部 准教授
落合雄彦   龍谷大学法学部 教授
河西実    特定非営利活動法人フェア・プラス 常務理事・事務局長
小峯茂嗣   大阪大学グローバルコラボレーションセンター 特任助教
森脇祐一   特定非営利活動法人アクセス-共生社会を目指す地球市民の会 常務理事
山田和生   株式会社マイチケット 会長
吉富志津代  大阪大学グローバルコラボレーションセンター 特任准教授

【海外の事例紹介:COMBINE Resource Institution】
地域コミュニティにおける情報とコミュニケーションの発展に、コミュニティ・メディア
(コミュニティラジオなど)をはじめとする情報通信技術の活用を通して取り組むことを目的に、
インドネシア・ジョグジャカルタで2001年に設立。地域防災における情報通信技術のコンサル
テーションやトレーニング、情報システムの研究開発、地域コミュニティで活動する各団体の
各種支援などを行っている。海外のパートナー団体との連携では、世界銀行やケア・インター
ナショナル、JICA、FMわぃわぃなど多くの団体との連携実績がある。 
本研究会では、大阪大学をはじめ海外の教育機関のフィールドスタディ受け入れや、日本や欧米の
ドナーからの財源に依存せず、自主財源の獲得を戦略的に進めている事例について紹介する。

【海外の事例紹介(配布資料での報告):(特活)Link・森と水と人をつなぐ会】
「アジア各地の人々と、国境や民族、宗教を越えて互いに尊重し協力し合いながら連帯を築き、
自然との共生を通して持続的な社会の実現をはかること」を目的として、2004年に発足。
特に、農村部においても都市においてもくらしの生命線ともいえる水、およびその源である森の
保全に取り組んでいる。
本研究会の事例として、駒澤大学および活動地である北タイ・ホアファイ村の小中学校と三者協働で
展開している、現場体験型の環境学習プログラムの作成と実施を紹介する。

【定員】
70人
(当日参加も可能ですが、準備の都合上、なるべく事前にお申し込みください)

【参加費】
無料

【お問い合わせ・お申し込み】
お名前、ご所属、ご連絡先(メール、お電話番号)を以下までお申し込みください。
または、こちらの申込フォームにご入力ください。
https://business.form-mailer.jp/fms/5201e4fb20302
※新たに申込フォームをご用意しました!

特定非営利活動法人 関西NGO協議会
TEL:06-6377-5144
E-mail:kenkyukai@kansaingo.net

       
2011年度公開シンポジウム(京都)

【「大学とNGOの連携」~大学との連携促進による、国際協力NGOの組織力強化~】
本公開シンポジウムは、平成24年度外務省NGO研究会「大学とNGOの連携~大学との連携促進による、
国際協力NGOの組織力強化~」の調査研究成果の発表及び社会還元をその主な目的として実施する
ものです。
同研究会は、以下の3つの部会で構成され、関西と九州を中心に調査研究活動や意見交換を展開
してきました。
   (1)大学とNGOの「スマートな連携」研究  
   (2)大学とNGO(+他セクター)による共同事業立案
   (3)海外における「大学とNGOの連携」研究

本公開シンポジウムに続いて、2月21日(木)18:30~21:00 西南学院大学(福岡市)でも
同様の公開シンポジウムを実施する予定です。

【外務省NGO研究会】
NGOが外務省の資金援助のもとで自らの事業実施能力や専門性の向上を図るために行う研究会のこと。
各研究会では、NGOが直面する特定の課題について調査研究、セミナー、ワークショップ、シンポジウ��
などを行い、具体的な改善方策などを報告・提言することになっています。
平成24年度については、関西NGO協議会を含む5団体が外務省からNGO研究会の委嘱を受けています。