一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター
【内戦下のシリア情勢緊急報告会~山本美香さんの同僚が語る】
関連HP:http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2012/09/915.html

ジャパンプレス所属のジャーナリスト山本美香さんはシリア北部のアレッポで取材中の8月20日、銃撃され亡くなりました。銃撃事件が起きたその瞬間まで現場では市民が歩いていたといいます。
8月にシリア取材に向かい、事件の起きた20日にはアレッポの別の場所で取材をしていたジャパンプレスの同僚ジャーナリスト藤原亮司さんが9月1日に日本に帰国してきました。藤原さんは、アレッポのようすを次のように語ります。

「内戦が続くシリア第2の都市、アレッポ。そこに生きる人々は常に命の危険にさらされている。至る所に潜む政府側の狙撃手は通りを横切る市民を無差別に狙い撃ち、パン屋に並ぶ人々の列に航空機が爆弾を落とす。病院に運び込まれる死傷者の8割以上が一般市民だ。
隣人は敵対する側(政府軍あるいは反政府の自由シリア軍)の内通者かもしれず、外国人と話すところを人に見られてはいけない。負傷者を治療する医師や看護士は『テロリストに協力した』という理由で、誘拐や殺害の恐れがある。安全といえる場所などどこにもない街」

そのような事態を受けて、ヒューライツ大阪は、内戦下のシリアに暮らす人々の日常と、山本さんが亡くなった背景などについて、藤原さんによる緊急報告会を9月15日に開きます。

■日時:2012年9月15日(土) 午後2時~4時

■場所:大阪市立 総合生涯学習センター 第4研修室
大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5階
【地下鉄】御堂筋線・梅田 / 四つ橋線・西梅田 / 谷町線・東梅田
【JR】大阪駅/東西線・北新地駅 【私鉄】阪神電車・梅田/阪急電車・梅田
(地図 http://osakademanabu.com/umeda/

■報告者: 藤原 亮司 (フォトジャーナリスト・ジャパンプレス所属)

■資料代:300円 (ヒューライツ大阪の会員は無料です)

■お問合せ・お申込み
ヒューライツ大阪 (一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター)
〒550-0005 大阪市西区西本町1丁目7-7 高砂堂ビル8階
TEL:06-6543-7003
FAX:06-6543-7004
Eメール:webmail@hurights.or.jp
HP:http://www.hurights.or.jp/