シャプラニール地域連絡会大阪
【おおさか社会フォーラム2012ワークショップ 「バングラデシュの児童労働」】
関連HP:http://www.shaplaneer.org/news/2012/08/2012916.html

近年、経済発展しているバングラデシュ。
急速に変わりゆく社会の中で、
今なお 存在する児童労働。
立場の違う2人のパネリストが、
その現状と未来への展望を語る!
参加者との意見交換も予定しています。

■日時:9月16日(日) 13:30~16:00
■場所:エルおおさか5階 視聴覚室
(京阪・地下鉄谷町線「天満橋」下車 徒歩5分)
■定員:80名
■協力金:1,000円(9月15,16日に開催されるおおさか社会フォーラムの一環として開催します。
当日会場で参加チケットをお渡しします。)

<パネリスト>
ナズマ・アクテルさん(バングラデシュ衣料産業の労働組合・NGO代表)
バングラデシュの衣料労働者の問題に取り組んできたNGO、アワジ基金
の代表で、”Sommilito Garments Sromik Federation (統一衣料労働者
連盟)”という労働組合の委員長。
バングラデシュの衣料労働者の問題を訴え、女性労働者の状況改善に
尽力している。ヨーロッパの多国籍企業に対する働きかけも積極的に
行っている。自身も児童労働をしていた経験がある。

白幡 利雄さん (特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会)
学生時代の専攻は地理学。手話通訳と障害者運動にのめり込む。早稲田大学大学
院在学中から関わっていたシャプラニールに1993年3月、卒業と同時に就職。
東京事務所ではクラフト、広報、支援者サービスの各部署を経験したほか、
ダッカ、カトマンズの両事務所に計8年半、駐在員として勤務。
現在は海外活動全体のコーディネーションを担当44歳。
シャプラニールは、約10年前から児童労働に対する取り組みを地元NGOと
ともにすすめている。

■お問い合わせ・お申し込み先:シャプラニール地域連絡会大阪 遠藤
E-mail:osaka@shaplaneer.org

■共催:シャプラニール地域連絡会大阪・おおさか社会フォーラム実行委員会
おおさか社会フォーラムHP:http://osaka.socialforum.jp/