こんにちは、スタッフの田中です。
2月9日~3月1日まで全4回で開催した、地域NGO提案型研修の業務のため
神戸学生青年センターに行ったときに思わず撮影した光景。

飛田代表理事

エプロン姿で作業する飛田代表理事です。
(関西NGO協議会の理事は、加盟団体に担っていただいています。現在の代表理事(団体)は神戸学生青年センターです。)

何の作業中かと言いますと…
神戸学生青年センターでは、毎年3月に古本市が開催されます。
古本市の売り上げは、六甲奨学基金(*)の一部となります。
3月にはいったので、古本市の準備作業をしていたんですね。

本を読むのが好きな方、古本のご寄付もしくはセンターでの古本購入はいかがでしょうか?
今年度の開催概要はこちらからご覧ください。
http://ksyc.jp/scholarship/book-fair-2012/

*六甲奨学基金
神戸学生青年センターが、阪神大震災時に被災留・就学生支援活動として全国に募金を呼びかけ、
被災した留・就学生に一人3万円を支給したことをきっかけに発足した基金です。
兵庫県下の留・就学生への奨学金の支給や、留・就学生とその家族などを対象にした日本語ボランティア教室の開催に活用されます。