大阪大学グローバルコラボレーションセンター
【第78回 GLOCOLセミナー FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(9) 日本発、防災NPOの挑戦:アジアの災害リスクは減らせるか】
関連HP:http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/111117.html

世界の災害のおよそ40%はアジアで発生していますが、
災害によるアジアの死者数は全体の60%、被災者にいたっては全体の90%が
アジアに集中しています。気候変動や急激な都市化は、
アジアの都市を災害に脆弱なところにしていき、
そのリスクは年々高まっている といえます。
自然災害により被害をうけるリスクをできるだけ少なくするためにはどうすればよいか。
建物などのハード面の強化も非常に重要ですが、あまりお金がなくてもできること。
それは、まずは災害について知ること。そしてその対処方法について学び、実践することです。
シーズアジアの活動の紹介を通して、様々なアクターが活動する中、
日本のNPO/NGOとして活動することの意義、NGOスタッフとして働くということ、
などについてお話します。

■日時:2011年11月17日(木) 12:00~13:30
■場所:大阪大学ステューデントコモンズ セミナー室1(豊中キャンパス)【地図】
■講師:中川裕子(特定非営利活動法人SEEDS Asia事務局長)
■参加:無料、事前申し込み要
1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、
fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。

■お問い合わせ先:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-7 ウエストフロント
E-mail:fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp
ホームページ:http://www.glocol.osaka-u.ac.jp