スタッフの瀬良です。

今日は、当会の個人会員の方が関わっている公開研究会のご案内です。
テーマは、「人権基盤型アプローチと開発」。
NGO関係者の方や国際協力について勉強されている学生の方にはとても参考になると思います。
詳細は、以下のとおりです。
-----------------
「人権基盤型アプローチと開発」公開研究会のお知らせ

当研究会では、経済開発から社会開発、人間開発、人間の安全保障、そして、人権基盤型アプローチ(RBA)。
国際協力をガイドする概念とツールが変化する今日、当事者が自身をよりエンパワーできるアプローチを求め、RBAをめぐる理論や実践が国際協力の現場や住民に与える諸影響を研究する活動を行っています。
今回は、第1回目として(特活)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 事務局次長兼事業部長の定松栄一氏をお招きし、以下の日時・場所で公開研究会を行います。

【日時】2011年7月23日(土)13:00~15:40
【場所】大阪聖パウロ教会4F 会議室 (大阪市北区茶屋町2-30)
【タイトル】セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンによるRBAを導入した国際協力事業とその成果
【講演者】セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン事務局次長兼事業部長 定松栄一さん
【対象】国際協力研究者・院生、NGO関係者
【参加申込】 okajimk@osaka-ohtani.ac.jp (大阪大谷大学 岡島克樹)

※今回の公開研究会は「人権基盤型アプローチと開発」研究班(メンバーは岡島克樹(大阪大谷大学)・甲斐田万智子(国際子ども権利センター C-Rights)・川村暁雄(関西学院大学))が文科省科研費を用いて行う研究活動の一環として行うものです。