大阪大学グローバルコラボレーションセンター
【第76回 GLOCOLセミナー FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(7)
国連機関(ユニセフ)で働くということ 特に保健医療分野における役割と活動】

関連HP:http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/110714.html

日本の僻地医療、NGO、大学、ODA(外務省、JICA)などを経て、
今なぜ国連(ユニセフ)で仕事をしているのか。
特に保健医療分野でのユニセフや他の国連機関の役割と活動を、
NGOやJICAと比較してお話しいただきます。

また東日本大震災では日本ユニセフ協会のフィールドマネジャーおよび
宮城県災害保健医療アドバイザーとして2ヶ月間支援活動に携わってこられたため、
その活動と教訓についてもお話しいただきます。

※本セミナーはGLOCOL科目「グローバル健康環境」の授業の一環として行われるものですが、
一般公開とします。

■日時:2011年7月14日(木) 17:30~19:00

■場所:大阪大学保健学科第2講義室(吹田キャンパス)【地図

■共催:大阪大学医学系研究科「健康医療問題解決能力の涵養」教育プログラム

■講師:國井 修(ユニセフ ソマリア事務所)

■参加:無料、事前申し込み要
1)名前、2)所属、3)希望するセミナー名を記載のうえ、
fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp までお申し込みください。当日参加も可能です。

■お問い合わせ、お申し込み先:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-7
E-mail:fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp
ウェブサイト:http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/