大阪大学グローバルコラボレーションセンター
【第72回 GLOCOLセミナー FIELDOグローバル・エキスパート連続講座(6)
テクノロジーで貧困をなくそう 技術・大学・開発途上国をつなげるコペルニクの挑戦】

関連HP:http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/110530.html

貧困問題は現在地球上で最も深刻な問題の一つです。
しかし、その問題を解決するのに、革新的なアイデアや手法が
取り入れられることは非常に稀です。
一方で、発展途上国向けに開発された革新的技術は巷に溢れ、
数、種類ともに増加しています。

しかし、途上国側からしてみれば、このような技術が存在することすら知りません。
技術保有者側からしてみれば、途上国のマーケットへのアクセスが
非常に限られている上に、いくら安くとも、技術の価格が貧困層の手の出る
範囲にまでは下がらず、結果的に行き詰ってしまうというのが現状です。

このような問題を解決するために生まれたのが米国NPOコペルニク(Kopernik)です。
コペルニクは、オンライン・マーケットプレースを通じて
テクノロジーを所有する会社や大学、途上国の市民団体、
そして一般市民の3者をつなげ、革新的な技術・製品を、発展途上国に波及させ、
貧困の撲滅に向けて活動しています。

本セミナーでは、コペルニクの共同創設者である中村俊裕氏を招き、
コペルニクの取り組みについて講義いただくとともに、
大学との連携事例等についてもご紹介いただきます。

世界の貧困問題に対し、大阪大学もしくは学生個人が何が出来るか
考える機会となります。あわせて、中村氏のキャリアパスについても紹介いただき、
学生のキャリア形成等についても議論していただきます。

■日時:2011年5月30日(月)17:00~19:00

■場所:大阪大学工学部U2棟212号室(吹田キャンパス)【地図

■講師:中村俊裕(米国NPO コペルニク共同創設者)
NPO Kopernik 共同創設者。京都大学法学部卒。ロンドン大学政治経済学院(LSE)
比較政治学修士。大学院卒業後、国連高等難民弁務官事務所(UNHCR)
ジュネーブ本部でのインターンなどを経てマッキンゼー東京事務所に勤務。
その後国連開発計画(UNDP)東チモール事務所、インドネシア事務所、
シエラレオネ事務所、ニューヨーク本部を経て、
2010年、途上国の実情に適したテクノロジーの電子取引市場であるコペルニクを設立。

■参加:無料・事前申し込み要
(名前、所属、希望するセミナー名をfieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp まで
お知らせください。当日参加も可能です。)

■共催:大阪大学OSIPP国連政策研究センター

■お問い合わせ・お申し込み先:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター
TEL:06-6879-4442
FAX:06-6879-4444
E-mail:fieldo_jimu@glocol.osaka-u.ac.jp
ホームページ:http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/