※申込締切りを2月23日(水)まで延長いたしました。

関西NGO協議会では、このたびJICA地球ひろばと協力して
国際協力NGOスタッフ向けに会計・アカウンタビリティに関するセミナーを開催いたします。
現在参加者募集中ですので、ぜひご参加ください!

(ここから)——————

平成22年度「NGOの組織強化に向けた地域提案型研修(関西地域)」
支援者満足につなげる!NGOの会計・アカウンタビリティ連続セミナー

アカウンタビリティと聞くとなんとなく近寄りがたい、負担感を感じる…そんなことはありませんか?
アカウンタビリティを実践することで、単に報告をおこなうだけではなく
自団体の成長や支援者の拡大に寄与する、+αの取り組みにもつなげられます。

この連続セミナーでは、
「会計」の効果的なアカウンタビリティの仕方
=自団体の会計をいかに社会全体や支援者への報告に活かしていくか
について、実例を交えながら学びます。

みなさまのご参加をお待ちしております。

■開催日程:2011年2月25日(金)、3月10日(木)の2日間

■内容:
・日時:2011年2月25日(金)13:00~17:00
・会場:関西学院大学大阪梅田キャンパス http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/
・テーマ:
①アカウンタビリティに関する基本的な考え方
②国際協力NGOの会計処理のポイントを押さえて、信頼できる団体づくり
・内容:
アカウンタビリティへの取り組みを、自団体の活動のレベルアップに活かすための考え方を共有します。
また、国際協力NGOの会計業務について、陥りやすい落とし穴について実例をあげながら解説していただきます。
講師からは、アカウンタビリティや会計業務に関するちょっとした疑問にもお答えいただきます。
・講師:新田和宏さん(近畿大学生物理工学部准教授、地球市民教育総合研究所主宰)
脇坂誠也さん(税理士、脇坂税務会計事務所)

第2回
・日時:2011年3月10日(木)13:00~17:00
・会場:大学コンソーシアム大阪 http://www.consortium-osaka.gr.jp/
・テーマ:アカウンタビリティの確保に向けて、対象に合わせた情報づくりに取り組む
・内容:
団体の持つ情報をいかに対象に合わせて加工し、
アカウンタビリティを確保するかについて、成功事例を紹介しながら自団体の今後の取り組みを考えます。
事例には、シェア=国際保健協力市民の会の年次報告書リニューアルについて、
団体が持っている情報をいかに対象者に合わせ加工し、
活動の成長や支援者の拡大につなげていったかについて学びます。
・講師:飯澤幸世さん((特活)シェア=国際保健協力市民の会)
新田和宏さん(近畿大学生物理工学部准教授、地球市民教育総合研究所主宰)

※セミナー終了後、参加者は自団体のアカウンタビリティへの今後の取り組みについての
ペーパーを提出していただきます。(様式自由、A4 1枚程度)

■主催:JICA地球ひろば

■参加対象者
関西地域の国際協力NGOスタッフで、研修成果を活用し、終了後も継続して所属団体の組織強化につなげることが可能な方
※1団体から複数名の参加をおすすめします。
※期限付きインターン等の参加を希望される場合はご相談ください。

■定員:20人

■参加費:無料

■お申し込み方法:
下記内容についてご記入いただき、
2011年2月23日(水)までに、E-mailまたはFAXでお申し込みください。

(1)団体情報
団体名:
住所:
電話・FAX番号:
ホームページ:
(ホームページをお持ちでない団体は、お手数ですが最新の年次報告書をご郵送ください)

(2)参加者情報
お名前:
勤続年数:
担当職務内容:
E-mail:
応募動機(研修を通じて得たいもの、知りたいこと):

■お申し込み・お問い合わせ先
関西NGO協議会(担当:田中)
〒530-0013 大阪市北区茶屋町2-30 4階
TEL:06-6377-5144
FAX:06-6377-5148
E-mail:knc@kansaingo.net