(特活)国際協力NGOセンター
【CSO開発効果/ODA援助効果 国際シンポジウム ~今こそ、援助のあり方を問い直す~】

関連HP:http://www.janic.org/event/25csooda.php

 いま世界では、援助の成果を上げ貧困削減に資するための「援助効果/開発効果」の議論が活発化しています。政府開発援助(ODA)だけではなく、国際協力NGOを含むCSO(Civil Society Organization:市民社会組織)による援助活動のあり方も問われる時代がやってきました。今年12月には、各国政府及び世界のCSOによる「第4回援助効果向上ハイレベルフォーラム」(韓国/釜山)が開催されます。
 本シンポジウムでは、米国と韓国からゲストを招き、CSOの開発効果とODAの援助効果について、国際的な議論の潮流と日米韓のCSOの議論を紹介します。また、ハイレベルフォーラムに向けて、NGO同士、NGOと政府機関のパートナーシップの強化、CSOが活動しやすい政策環境づくりについて議論します。
 なお、本シンポジウムは第3回ODA改革パブリックフォーラムとして位置づけて開催します。

■概要
日程:2011年2月5日(土) 15時~18時30分 (3時間30分)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室
    (〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1 参宮橋駅下車 徒歩約7分)
地図:http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
参加条件:援助効果/開発効果に関心のある方ならどなたでも参加できます。
参加費:500円
言語:日英同時通訳
定員:100名(要申込)
申込期間:2011年2月3日(木)まで
申込方法:予約申込フォーム、もしくはFAXにてお申し込みください。
※FAXの方は、イベント名、氏名、ご職業・所属、電話番号を明記の上、03(5292)2912までお送りください。

主催:(特活)国際協力NGOセンター
共催:(特活)名古屋NGOセンター、(特活)関西NGO協議会
助成:米日財団、外務省NGO事業補助金

■リソースパーソン
Ms. Kimberly Darter, Program Coordinator, Global Partnerships & Strategic Impact,
InterAction(アメリカのネットワークNGO)
Ms. Faye Lee, Program Manager, KCOC(韓国のネットワークNGO)
今田克司氏 CIVICUS 事務局次長
(*外務省、JICA、米国開発庁関係者に依頼中)

<お問い合わせ・お申込み先>
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC) 調査・提言グループ
advocacy@janic.org TEL:03(5292)2911 FAX:03(5292)2912