こんにちは、スタッフの田中です。
11月18日(木)に関西NGO合同キャンペーン「地球の未来に、いっちょかみ。」
イベント第2弾「パキスタン 新生児医療の現場から」を京都三条ラジオカフェで開催しました。

看板

今回のトークイベントでは、
日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)のワーカーで、
パキスタンで新生児医療に関わっていらっしゃった青木医師をスピーカーにお迎えしました。

カフェトークの様子

スピーカーの青木医師

青木医師からはパキスタンの現状、赴任された病院や新生児医療の現状などについてお話していただきました。
「新生児医療は多くの人の命を一度に救えるものではないけれど、ひとりの命にじっくり向き合うことも一つの方法」
といったことをおっしゃっていたのが印象的でした。

カフェトークは終始なごやかな雰囲気で、一旦終了したのちも参加者と青木医師で話しこんでいらっしゃいました。

イベントの前に収録した青木医師のインタビューはFM79.7京都三条ラジオカフェ「難民ナウ!」で、
11月20日(土)19時~、22日(月)21時15分~(再放送)~6分間の放送です。
ポッドキャスティングでも聞けますよ!

ラジオ収録の様子

FM79.7京都三条ラジオカフェ http://radiocafe.jp/

関西NGO合同キャンペーン「地球の未来に、いっちょかみ。」についてはこちら http://www.kansaingo.net/campaign/