NPO法人 フェア・プラス

第40回ツキイチカフェ
「国境を越えた伝統技法とデザインの出会いが生み出す新たなエシカル(倫理的な)商品」

詳細URL:http://fairplus.doorblog.jp/archives/54533443.html

テーマ:国境を越えた伝統技法とデザインの出会いが生み出す新たなエシカル(倫理的な)商品

エシカル(ethical)とは、「倫理的」、「道徳上」という意味の形容詞。最近は倫理的=環境保全、社会貢献という意味合いが強くなってきています。フィリピンの自然と共生する山村の人たちが育んだ伝統技法と日本の雪国の人たちが自然との共生の中で育んだ伝統技法。遠く離れ、自然もまったく異なる地で育まれた二つの伝統技法には、なぜか共通点があります。それは「自然との共生」の中で生み出されたものだからかもしれません。
エシカルが注目される現在、自然との共生の中で生まれ育った伝統と現代のデザインが出会った時、新たなエシカル、フェアトレードへの道が開けるのでは?新たな可能性について、みなさんと話し合いたいと思います。

司会・プレゼンター:
河西 実(NPO法人フェア・プラス 事務局長)
約30年の商社経験を生かし、2012年フェア・プラスを立ち上げ。デザイナーや写真家の人たちの協力により、フィリピン山村の人たちの生活向上と伝統の継承を、魅力的なフェアトレード商品の開発を通じて支援してきた。一般市場で通用する障がい者の人たちの製品づくりにも取り組んでいる。

日時:1月12日(土)14:00-16:00
会場: 東山いきいき市民活動センター1階 和室
〒605-0018 京都市東山区巽町442-9
定 員:20名
参加費: 社会人800円、学生・会員500円
(フェアトレードコーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む)
主催:NPO法人フェア・プラス、共催:東山いきいき市民活動センター

申込・お問い合わせ:

NPO法人フェア・プラス
〒600-8492 京都市下京区月鉾町52 イヌイ四条ビル3階Flag四条
Tel: 075-744-0646、Fax: 075-744-0945
Mail: info@fairplus.org