10/4「企業とNPO/NGO:これからの協働のかたち
~SDGs時代の社会的課題をコレクティブな協働で解決に導く~」を開催します

10月4日神戸にて、「企業とNPO/NGO:これからの協働のかたち
~SDGs時代の社会的課題をコレクティブな協働で解決に導く~」
と題して「第7回 かんさいCSネットワークフォーラム」を開催いたします。
SDGs(持続可能な開発目標)を機に、NPO/NGO、企業、行政などの連携・協働のもと、
地域社会の課題と地球規模の課題の解決を目指したいと思います。
ご多用のところとは存じますが、皆様のご参加をお待ちしております。
=============================
第7回かんさいCSネットワークフォーラム
「企業とNPO/NGO:これからの協働のかたち
~SDGs時代の社会的課題をコレクティブな協働で解決に導く~」
日時:10月4日(木)14:00~16:30
会場:協働と参画のプラットホーム
(神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル2F)
参加費:無料
==============================
身の回りにあふれる社会的な課題。これらの課題は複雑に絡み合い、
また解決しようとする取り組みも、社会的な立場や団体間で異なります。
成果を出すには工夫が必要です。
2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、複雑に絡み合う
さまざまな課題に取り組むための共通の基盤を示してくれました。
今回はこれをさらに一歩進め、立場や考え方の違いを大切にしながら、
協働して課題を解決に導くにはどう工夫すればいいのかについて、
『ソーシャル・プロジェクトを成功に導く12ステップ』の近著のある
広石拓司さんを招き、「コレクティブな協働」をキーワードに考えます。

さらに、地元神戸の3つの具体的な協働事例についてご発表いただき、
SDGsの今後の展開をともに考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【プログラム】

■講 演(14:05~15:00)
「SDGs時代の社会的課題をコレクティブな協働で解決に導く」
― 株式会社エンパブリック 代表取締役 広石拓司さん
■事例紹介(予定)(15:10~16:00)
〇コープこうべ
コープこうべが加古川市、加古川市社協、民生児童委員連合会、
加古川市消費者協会、地域域包括支援センター等と協働して、
食品ロスを削減する「フードドライブ」を展開。
〇神戸松蔭TFT(TABLE FOR TWO)
神戸松蔭TFTが「さぬきうどん 讃兵衛」(株式会社J.フロントフーズが運営)
と協働して、四季ごとのオリジナルメニューを開発。
〇コミュニティ・サポートセンター神戸(CS神戸)
認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸(CS神戸)が
大和リース株式会社と協働して、地域交流の拠点である「まちづくりスポット神戸」
を運営。暮らし続けられる多様なコミュニティを創出している。
■交流タイム(16:00~16:30)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お申込み】
以下のURLにアクセスいただき、お申し込みください
※個人上納の管理は主催・共催団体で行い、関連事業開催の際にご案内をさせていただく場合があります。
【お問い合わせ】
関西NGO協議会(高橋)
TEL 06-6377-5144
miwako.takahashi@kansaingo.net

【主催】特定非営利活動法人 関西NGO協議会
【共催】認定特定非営利活動法人 しみん基金・KOBE/特定非営利活動法人 しゃらく
【後援】関西SDGsプラットフォーム
【協力】社会福祉法人 大阪ボランティア協会

■かんさいCSネットワークフォーラムは・・
関西地域のNPO/NGOと企業との出会いの場を作り出し、対話、コミュニケーション
を進め、地域社会の課題と地球規模の課題の解決に向けて、 NPO/NGOと企業が
お互いの資源や能力、アイデアを出し合い、顔の見える関係を大切にしながら
連携・協働する機会を提供します。