民間助成制プログラムの合同説明会のご案内
関西に拠点のある国際協力・交流の民間助成団体の担当者から、直接助成制度について説明が聞ける貴重な機会です!

助成制度説明会フライヤー

国際協力NGO/NPOの活動に対しては、様々な助成制度が設けられていますが、その目的や対象経費、審査の方法等は運用する団体により異なります。今回は、関西を拠点に助成プログラムを実施している助成団体の担当者に直接お越しいただき、それらを比較しながら、各制度の担当者が審査のポイントや申請書、事業計画書作成のコツなどを解説いただきます。
また、説明終了後には、交流時間を設けておりますので、名刺交換や簡単な相談も行っていただけます。是非ご参加ください。

【こんな方、団体におススメです】
・国際協力や国際交流など、助成金を活用して事業を実施したい団体
・具体的に助成金の申請を検討されている団体
・これから、国際協力活動を始めたい方、海外で小規模プロジェクトを実施したい団体
・いままで活動を継続してきて、組織基盤を強化したいと考えている団体
・助成担当者の話、本音を直接聞いてみたい方

【内容】
リレートーク1
「2018年度関西地域NGO助成プログラム」/(特活)関西NGO協議会

関西二府四県に拠点を置く国際協力NGO、特に規模の小さなNGOを優先して、その事業を助成するプログラムです。2017年度からは、「組織基盤強化型プログラム」(助成額60万円)「プロジェクト実施型プログラム」(助成額20万円)を助成テーマとし、団体の組織基盤強化に必要な活動に伴う費用、事業の強化・プロジェクト実施のために行う新規事業、或いは既存事業の拡充・サービス向上に必要な活動に伴う費用を助成しています。法人格のない団体や小規模NGOを応援する制度ですので、ぜひ活用ください。相談にも随時応じております。

採択団体の声:NPO法人 フェア・プラス 常務理事・事務局長 河西 実さん

 

リレートーク2
「平成31年度環境プロジェクト助成」/(公財)りそなアジア・オセアニア財団

助成内容/アジア・オセアニア地域、諸国における自然環境の保護や整備を目的とした事業へ助成しています。小規模かつ地道な事業を対象とし、地域の人々が自発的かつ継続的に活動を広げていく「きっかけ」となるような創意工夫のある事業を求めています。活動地域において共同者(協力者)がいることが必要です。助成期間の最長は3年(審査は毎年)で、制度開始後7年間で通算26名の方へ助成を行ってきました。NGO/NPO団体の皆さまからは、これまで以上に多くの応募をいただきたいと考えております。

採択団体の声:認定NPO法人 ムラのミライ 専務理事 宮下和佳さん

 

リレートーク3 
「2019年度日本万国博覧会記念基金助成事業」/(公財)関西・大阪21世紀協会

日本万国博覧会記念基金事業は、1970年に開催された日本万国博覧会の成功を記念し、万博の収益金の一部を基に、日本と海外との国際相互理解の促進に資する活動に助成しています。2019年度は、上限1000万円の重点助成事業(数件程度)と上限300万円の一般助成事業(数十件程度)、合わせて9200万円を公募。申請書受付は、10月1日までです。国際交流や国際協力活動において、人材派遣、人材育成、フェスティバルの開催等、幅広い分野の事業に助成をしておりますので、皆様積極的にご活用ください。

【開催概要】
日時:7月20日 金曜日 14:30~17:30 ※14:15受付開始、16:30からは交流会・相談会となります
場所:市民活動スクエア「CANVAS谷町」(大阪ボランティア協会会議室)
アクセス→http://osakavol.org/10/access/index.html

【当日タイムテーブル】
14:30 開催趣旨の説明(関西NGO協議会)
14:35~15:50
2018年度関西地域NGO助成プログラム
(関西NGO協議会/NPO法人フェア・プラス)
15:15~15:45
平成31年度環境プロジェクト助成
(りそなアジア・オセアニア財団/認定NPO法人ムラのミライ)
15:45~16:25
2019年度日本万国博覧会記念基金助成事業
(関西・大阪21世紀協会万博記念基金)
16:25~16:30 終わりの挨拶
16:30~17:30 名刺交換・交流

【説明会に関するお問合せ】
担当:関西NGO協議会 高橋
大阪市北区茶屋町2-30、4F 06-6377-5144
火曜日~土曜日 10:00~18:00

専用フォームからお申し込み下さい。
http://kokucheese.com/event/index/525036/