特定非営利活動法人関西NGO協議会 共催

『G20 大阪サミットにともなう市民社会との対話
-C20のプロセスと主要アジェンダ』

【日時】2018年4月21日(土)14:00~16:30
【場所】甲南大学西宮キャンパス201教室(定員50人)
(阪急 西宮北口駅 徒歩3分
http://www.konan-cube.com/access/
【対象】大学生・大学院生、NGOスタッフ・ボランティア、関心ある一般市民など
【主催】国際開発学会 社会連携委員会
【共催】国際開発学会 人材育成委員会、関西NGO協議会
【後援】気候ネットワーク、アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)、JICA関西

【参加費・資料代】無料

【趣旨】 2019年、日本で開催されるG20サミット首脳会議は、大阪を開催地とすることが決定しました。
これにともない、市民社会と政府が対話するC20も開催される予定です(ただし、開催地は未定)。

このC20とはなにか。登壇者には、そのプロセスや意義について解説いただくとともに、
何が主要アジェンダになるのか、なるべきなのかをご議論いただきます。

昨今、国際会議のアジェンダは、2015年9月に国連総会で採択されたSDGsと関連づけられていることから、
登壇者には、このSDGsとの関係についても言及していただきます。

【登壇者の氏名・プロフィール】
稲場雅紀氏。1969年生まれ。現在、SDGsの達成にとりくむNGO/NPOのネットワーク団体「SDGs市民社会ネットワーク」専務理事、
日本政府が設置する「SDGs推進円卓会議」メンバー等。
今年度、アルゼンチンで開催されるG20にともなうC20(2018年8月開催予定)の準備会合にも参加予定。

【スケジュール】
13:40 開場
14:00 趣旨説明 (国際開発学会社会連携委員会 委員・大阪大谷大学教員 岡島 克樹)
14:10 C20のプロセス概要と主要アジェンダーアルゼンチンC20準備会合への参加を踏まえて
(SDGs市民社会ネットワーク 専務理事 稲場 雅紀 氏)
15:40 コメント (国際開発学会 会員・ヒューライツ大阪 所長 三輪 敦子 氏)
16:00 フロアとのやりとり
16:20 閉会挨拶
16:30 終了

【申込】

事前にメールで参加申込してください。
あて先はokajima_katsuki@yahoo.co.jp

「件名」に「国際開発学会社会連携委員会セッション参加希望」
「本文」に①氏名、②所属先を記入(48時間以内に受領確認メールを送付します)