一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

2.3人権ワークショップ「差別をキックアウト」

詳細URL:https://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2017/12/23.html

街頭やインターネット上で特定の民族の人たちをターゲットにしたヘイトスピーチがあとをたちません。ヘイトスピーチは人種差別の一形態です。そうした事態を受けて、ヒューライツ大阪は、国際協力祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」のプログラムのひとつとして、異文化コミュニケーション・トレーナーの富岡美知子さんをファシリテイターに、ワークショップを通じてスポーツから人種差別の問題を考えるワークショップを開催します。

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、オリンピック憲章には「いかなる形態の差別にも反対し行動する」と明記されています。スポーツの中でも、「人種差別にノー」を唱えるサッカー界の国際ルールに焦点をあてて、ヘイトスピーチ解消に向けて、「差別をキックアウト」するために一緒に考えましょう。あわせて、国連の人種差別撤廃条約を学びましょう。
(※参照図書:藤本伸樹・肥下彰男・阿久澤麻里子(2015)「差別をキックアウト!―フェアプレーのルールを社会へ広げよう」肥下彰男・阿久澤麻里子編著『地球市民の人権教育』解放出版社)

詳細

日時:2018年2月3日(土)12時15分~13時45分
場所:北区民センター・第1・2会議室 (ワン・ワールド・フェスティバルの会場内)

(地下鉄「扇町」、JR環状線「天満」、下車すぐ)
http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016598.html

ファシリテイター:富岡美知子(異文化コミュニケーション・トレーナー)
内容:スポーツを切り口にしてヘイトスピーチを考えるワークショップ
参加費:無料
定員:30人(事前申込は不要です。先着順)

企画・問合せ:

ヒューライツ大阪 TEL:06-6543-7003、
Eメール:webmail@hurights.or.jp

(ワン・ワールド・フェスティバル http://www.interpeople.or.jp/owf/