パレスチナの平和を考える会

ハリール・ナハレ講演会
「中東和平」は何処へ?
~パレスチナ社会の再構築に向けて

詳細URL:http://palestine-forum.org/event/20170705.html

今年で、パレスチナの西岸地区とガザ地区がイスラエルに軍事占領
されて50年を迎えます。また、パレスチナにおける「ユダヤ人国家」
の設立を条件付きで認めた国連パレスチナ分割決議から70年、その
前提となったイギリスによる「バルフォア宣言」から100年という
節目の年でもあります。

しかしながら、いわゆる「中東和平プロセス」は完全な破たん状態
にあり、占領下のパレスチナ人の生活は、イスラエルの完全な
植民地統治下に置かれ続けている状況にあります。そうした中で、
パレスチナ暫定自治政府はどのような役割を果たしているのか、
日本も多額の資金を投入しているパレスチナに対する国際援助は
「平和構築」に寄与しているのか、「紛争」の根源に遡って考え
たいと思います。

※本講演会は、NIHU「パレスチナ占領50年」企画連続国際シンポ
ジウムの一環として行われます。ナハレさんは、7月2日(東京)、
9日(広島)でも講演をされます。
http://plekn.aa-ken.jp/sympo2017_about_J.html

詳細

日時:2017年7月5日(水) 午後6時30分~9時20分(開場6時15分)
会場:ドーンセンター4階 大会議室1
http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
(京阪・地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出口から徒歩5分)

講師:ハリール・ナハレ(Khalil Nakhleh)さん
(パレスチナ・ガリラヤ地方出身の人類学者。パレスチナへの国際
援助や経済開発の専門家として、国連機関やパレスチナ教育省、
パレスチナのNGOなどでコンサルタントを務める。その後、占領下の
パレスチナ社会と経済が抱える問題について厳しい批判を展開する。
著書に『グローバル化したパレスチナ』Globalized Palestine:
The National Sell-out of a Homeland(2012年)など。)

参加費:1000円(学生700円)※事前申し込みは不要です。

言語:英語(日本語逐次通訳付き)

 

【主催】
パレスチナの平和を考える会  PALESTINE-FORUM.ORG

【共催】
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所中東イスラーム
研究拠点(人間文化研究機構「現代中東地域研究」事業)、
関西パレスチナ研究会

【問い合わせ先】

パレスチナの平和を考える会
Email: palestine.forum@gmail.com
Tel: 06-7777-4935(月~土・13:30-17:30市民共同オフィスSORA)