特定非営利活動法人フェア・プラス

5月14日開催第23回ツキイチカフェ
「インド・おばちゃん信金を通じた本音の支援しない支援」

詳細URL:http://fairplus.doorblog.jp/archives/50929221.html

経済第一主義が作り出す、ほんの一握りの「勝ち組」と大多数の「負け組」———超格差社会。
しかし勝ち組でも、負け組でもない「おまけ組」とも呼ぶべきもう一つの道を選んだ南インドのおばちゃんたちがいる。彼女たちの小さな取り組みが教えてくれるものとは?
国際協力NGO「ムラのミライ」の一員として彼女たちと活動を共にした『南国港町おばちゃん信金』著者の原康子さんに、自ら「思い出すのも恥ずかしい」数々の失敗話を交え、「共生」「支え合い」「支援しない技術=対話型ファシリテーション」についてご紹介いただきます。
フェアトレードコーヒーを飲みながら、ゲストのお話をお聞きして、みんなで会話を楽しみます。

詳細

ゲスト:原 康子(認定NPO法人ムラのミライ 認定「対話型ファシリテーション」トレーナー)
岐阜県出身イノシシ年。インド・ネパールでの16 年間の暮らしを経て、2016年8月から京都市上京区在住。NPO法人「ムラのミライ」認定トレーナーとしてアジア・アフリカ・日本国内での研修に従事。

日時:5月14日(日)14:00-16:00
会場:東山いきいき市民活動センター 和室
京都市東山区巽町442-9

定員 :20名
参加費: 社会人500円、学生300円(フェアトレードコーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む)

申込:

NPO法人フェア・プラス
Tel:075-525-0064
Mail:info@fairplus.org