認定NPO法人テラ・ルネッサンス

15周年記念イベント
「一人ひとりが平和のかけら peace by piece」

tr_15th_ev_main

詳細URL:http://www.terra-r.jp/news/event/event_15th.html

2016年10月31日、
テラ・ルネッサンスは設立15周年を迎えます。

「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」を目指して、早15年。

当時大学生だった鬼丸がたった一人ではじめた活動は、
皆さまの支援と応援のおかげで、
現在は「地雷」「小型武器」「子ども兵」「平和教育」の4つの問題に対して
アジア・アフリカの計6ヶ国で活動するに至りました。

一人の力は微力でも、一人ひとりが集まれば、大きな力になる。

それを教えてくれたのは、カンボジアやウガンダの紛争被害者であり、
日頃より応援してくださる日本の支援者の皆さまです。

今回のイベントのタイトルは
「一人ひとりが平和のかけら peace by piece」

私たちは、一人ひとりの平和のかけらに寄り添い、
パズルのように手をつなぎながら、活動を続けて参りました。

そこで育まれた新しい人生や取り戻した家族との生活。
多くの人の、ひと言では語りきれないほどのエピソードと、
そして、活動を通して学んだ支援のあり方など
15年間をぎゅっと詰めたイベントです。

15年分の「ありがとう」をお伝えするとともに、
これからの15年に向けて、新たなスタートを切りたいと願っております。

これまで支えてくださったあなたも、
初めて当会を知ってくださったあなたにも、
ご参加いただきたいイベントです。

スタッフ一同、皆さまにお会いできるのを楽しみにしております!

【京都会場】

日 程/2016年11月6日(日)
会 場/ひとまち交流館京都 大会議室
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1
時 間/13:00-16:00(12:30 開場)
定 員/200名
参加費/大人3,000円 学生1,500円
※高校生以下〔無料〕

◇イベント内容

*オープニング
*トシャ・マギー講演「Life is so beautiful〜これまでの歩みと感謝〜」
*5会場での分科会
・鬼丸昌也「15年目の告白」
・江角泰「現地駐在員が語るグローバリズムの裏側」
・NPO×企業〜恊働事業にかける想い〜
・平和×◯◯〜ここで見つける私のピース〜
・ワンオー〜トシャ・マギーと焚き木を囲んで語らう50分〜
*鬼丸昌也によるスピーチ

※京都会場では始めに1会場にてイベントを進行します。
その後、休憩とともに移動をし、
5会場に分かれての分科会形式となります。
分科会後は、最初の会場に戻り、フィナーレを迎えます。

◇分科会詳細

<申込時に希望をお伺いしますので、第三希望までご記入ください>

—1. 鬼丸昌也「15年目の告白」
創設者/鬼丸が15年間の活動の中で味わった困難、喜び、その全てをお伝えします。
団体を立ち上げた背景、そこから走り続けてきた原動力、困難の乗り越え方、仲間との協働の仕方など、15年を振り返り、語ります。

—2. 江角泰「現地駐在員が語るグローバリズムの裏側」
アジア事業を担当する江角が、長年カンボジアに駐在してきたからこそ見える、世界の裏側を語ります。分科会に参加したあとは、いつもの日常がちょっと違って見える、ちょっと違ったあなたに会えるかもしれません。

—3. NPO×企業〜恊働事業にかける想い〜
テラ・ルネッサンスの事業を協働で取り組んでくださっている企業の方をお招きし、協働事業にかける思いを通して、わたしたちにできることを考えます。個人として、企業や団体としてテラ・ルネッサンスともっと関わりたいと考えている方にもお勧めです。

—4. 平和×◯◯〜ここで見つける私のピース〜
テラ・ルネッサンスの職員兼デザイナー/小田、大槌復興刺し子プロジェクトマネージャー/吉田などが登壇し、自分の力を活かして働いているスタッフの話をお伝えします。自分の得意やできることに気づく、再確認する、そんな時間を、一緒に過ごしませんか?

—5. ワンオー〜トシャ・マギーと焚き木を囲んで語らう50分〜
テラ・ルネッサンスのアフリカ現地スタッフ/トシャ自身や支援現場での経験から「レジリエンス」や「自立と自治」といったテラ・ルネッサンスの考え方をお伝えします。そして今、あなたが直面している困難の乗り越え方も見つかるかも!?(逐次通訳)

◇お申込み方法

下記、Peatixよりお申込ください。
(※東京会場とはお申込先が異なりますのでお気をつけ下さい)
http://peatix.com/event/191853

◇お問い合わせ

認定NPO法人テラ・ルネッサンス
075-741-8786(月〜土 10:00-18:00)
担当:栗田、川島、内藤