(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)

8.26 セミナー「カンボジアの女性たち‐経済的自立と配偶者からの暴力(DV)」

詳細URL:http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2016/06/dv.html!cid_1F15386D-BF6D-4342-B681-24AD477F0B82

カンボジアと日本は長年にわたり友好関係にあり、日本は最大の援助国としてカンボジアの民主化と発展に協力してきています。また、両国のNGO(非政府組織)を通じてさまざまな領域における市民交流も活発に行われています。
本セミナーでは、カンボジア女性の権利向上をめざす活動や教育・研究に取り組んでいる中川香須美さんを講師に迎えて、人口の8割が暮らす農村部の女性たちの教育や就労・経済活動について、そして配偶者からの暴力(DV)および人身取引などの人権課題を知り、日本に住む市民として国際協力について考えてみたいと思います。

詳細

<中川香須美さんのプロフィール>

1997-1999年 在カンボジア日本大使館専門調査員、2001年からパンニャサストラ大学教員、2008-2010年JICA専門家として女性省勤務、2010年以降、女性省、国連、民間団体のコンサルタントを歴任。カンボジア政府の「女性に対する暴力撲滅計画」の草案者として2年かけて参加型で作成。主な著作として『今、はじめて語られる歴史-クメール・ルージュ時代の性犯罪・女性に対する暴力』(2007)、『商品化される女性たち-カンボジアから中国への人身取引』(2015)など。

日時:8月26日(金)午後6時30分~8時30分

場所:ヒューライツ大阪・セミナー室
(大阪市西区西本町1-7-7 CE西本町ビル8F:地下鉄四つ橋線「本町駅」27番出口を出てすぐ)
略図http://www.hurights.or.jp/japan/access.html

講師:中川 香須美さん (パンニャサストラ大学准教授、ジェンダー学)

進行:米田 眞澄さん (神戸女学院大学教授)

参加・資料代:500円 (ヒューライツ大阪の会員は無料)

定員:30名(資料印刷の関係で事前の申込みをお願いします)

主催・申込み先:

(一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
TEL:06-6543-7003、 FAX : 06-6543-7004
詳細:http://www.hurights.or.jp/japan/new-project/2016/06/dv.html