【熊本地震】加盟団体による支援活動情報

2016年4月14日21時26分に熊本県熊本地方で発生したマグニチュード6.5の地震、
その後 16日1時25分に同地方で発生したマグニチュード7.3の地震の被害に対して、
関西NGO協議会の加盟団体が緊急支援活動を行っています。

各団体の支援活動詳細や最新情報は以下のリンク先をご確認ください。

(4月19日19時の情報を掲載)
(4月20日14時 一部情報を更新)
(4月26日12時 一部情報を更新)


公益社団法人アジア協会アジア友の会(JAFS)【募金受付中】
4月21日からスタッフ・専門家が被災地に入り支援活動を行うべく情報収集を行います。
当面は、食糧や生活物資の配布と炊き出しを想定しながら、熊本市内、南阿蘇
を中心にニーズ調査を行い、支援地と拠点を確保し、支援を行う予定です。
詳細 http://jafs.or.jp/news/kumamotoearthquakedonation/


公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン【寄附受付中】
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは16日、熊本県益城町で、子どもが安心・安全に過ごすことのできる空間「こどもひろば」を開設しました。益城町の避難所のひとつ、町立広安小学校での活動を皮切りに、順次、「こどもひろば」の開設を進めていきます。
詳細 http://www.savechildren.or.jp/scjcms/sc_activity.php?d=2199


公益財団法人大阪YMCA【募金受付中】
YMCAでは全国からスタッフを派遣し、熊本YMCAと協力し、避難所の運営、物資支援などの緊急支援活動を行っています。みなさまの募金は、日本YMCA同盟を通じて熊本地震緊急支援活動(避難所運営、現地コーディネーター派遣、被災YMCAの再建・運営など)に用います。
詳細 全国YMCA防災ページ(Facebook)


公益財団法人神戸YMCA【募金受付中】
全国の YMCA では、応援スタッフの送り出しなどをはじめとした支援活動を始めています。
神戸 YMCAでも、阪神・淡路大震災での支援活動の経験をもとに、全国の YMCA とともに、現地の人々の緊急支援ならびに中長期の支援を含め、熊本 YMCAの活動をサポートしていきます。
ぜひ皆さまのご支援を、YMCA とともに困難な状況にある熊本の皆さんにお届けできれば幸いです。どうぞ、ご寄附でのご支援をお願い申しあげます。
詳細 http://kifu-kobeymca.org/fund/kumamoto/ (神戸YMCA寄付サイト)


公益財団法人大阪YWCA【募金受付中】
日本YWCAでは、九州のYWCAを拠点として、女性と子どもの安全と安心のための被災者支援活動を行います。熊本地震被災者支援のための募金を開始しました。
大阪YWCAでも被災者支援のための募金を開始しました。梅田、千里の会館の受付に募金箱を設置しています。
詳細 http://ywca.or.jp/news/2016/0416news.html (日本YWCA)


特定非営利活動法人CODE海外災害援助市民センター
CODEは、熊本地震の支援活動を行う姉妹団体「被災地NGO恊働センター」を全面的にサポートしています。CODEは、被災地の状況を日本語、英語、中国語(台湾)で海外へ発信していきます。また海外からの支援の動きなども発信していきます。
被災地NGO恊働センターのスタッフが熊本県に入り、現地の被害状況をみながら、支援活動を展開しています。
車内に避難している方々に対し、エコノミークラス症候群の予防チラシの配布を現地の学生と実施しました。
詳細 http://code-jp.org/


公益社団法人日本国際民間協力会(NICCO)【募金受付中】
当会では、現在募金活動を開始しております。
どのような人員体制で、何ができるかを現在検討しています。今後の被災状況や自治体等による支援状況によっては、
NICCOが被災地で活動するのではなく、頂いたご寄付をNICCO経由で現地で活動している団体へ送る可能性もありますが、
その場合は責任をもって被災地に届けさせていただきます。
詳細 http://kyoto-nicco.org/press160419


一般財団法人 日本国際飢餓対策機構【募金受付中】
4月16日、被災状況調査のため、緊急支援物資(パンの缶詰900缶、水550mlボトルを約250本持参)を持って、JIFHから3名のスタッフを被災地に送りました。
キリスト教会や団体と連携を取りながら、被災地の緊急支援にあたっています。
詳細 http://www.jifh.org
https://www.facebook.com/hungerzero/?fref=ts