こんにちは、2015年度、関西NGO協議会インターンの李です。

当会では、2016年3月12日に「NGOインターン活動報告会2015」を開催しました。

当日は、2015年度にNGOでインターン活動を行ったインターン生4名(認定NPO法人ムラのミライのインターン生1名、認定NPO法人日本国際ボランティアセンターのインターン生1名、関西NGO協議会インターン生2名)が参加し、インターン活動の報告を行いました。

当日のプログラムは、①インターン生の活動報告、②当会の高橋によるNGO職員のキャリア形成に関する講演、③ワークショップ の3つを行いました。

インターン生の活動報告では、各団体の紹介、インターン生としてどのような活動をしてきたのか、インターンを通じて成長した点や反省点について、それぞれ20分程度の報告を行いました。その後、当会の高橋美和子をゲストスピーカーとして、NGO職員のキャリアについて学ぶ時間を設けました。後半のワークショップではこれまでのインターン活動が、今後団体と自分のためにどのように活かせるのかについても話し合いました。今までのインターン生としての経験を他団体のインターン生と共有することで、国際協力活動において新しい刺激を得ることができ、色々な価値を理解することができました。

以下では参加者それぞれの発表を少し紹介したいと思います。

松本さん

ムラのミライ インターン 松本侑子さん

【認定NPO法人 ムラのミライ 松本侑子さん】

松本さんは、小学生の時から地球のためになる生き方をしたい、人の役にたつ人になりたいと思い、長年国際協力の活動に興味を持ってきました。

ムラのミライでは、広報を担当していました。活動を通じて対話型ファシリテーションの技術を身につけ、この技術を活かし、ムラのミライの会員6人に90分のインタビューを行いました。

対話型ファシリテーションは相手の感情と事実を正しく理解出来る方法であり、場所を問わず活かせる技術です。それを身に付けられるという「ムラのミライ」でのインターンならではの強みも語ってくださいました。

 

鴨志田さん

日本国際ボランティアセンター インターン 鴨志田恵里さん

【認定NPO法人 日本国際ボランティアセンター 鴨志田恵里さん】

鴨志田さんは以前、日本国際ボランティアセンター(JVC)でインターン活動を行っていました。

インターン活動では、主にパレスチナの支援を行っており、子どもの基礎的な栄養状態の改善、健康生活改善のような人道支援に関わったそうです。この活動がきっかけで、実際にパレスチナへ足を運び、住民と関わりながら、国際協力の活動により真剣に向き合いました。

色々な国と関わる仕事をしたいという思いから、今年からスタディツアーを扱う旅行会社で働くそうです。

 

李

関西NGO協議会 インターン 李銀珠

【特定非営利活動法人 関西NGO協議会 李銀珠】

私は主に広報の仕事を担当しており、SNSを通じてイベントや加盟団体の情報発信を行いました。

また、加盟団体のインターン生と協力し、12月の「ワン・ワールド・フェスティバルfor Youth2015」にてフェアトレードを伝えるブースを企画・出展し、全体の統括を担当しました。

初めての企画で不安や戸惑いも沢山感じましたが、周りの方々の協力と応援のおかげで無事成功し、当日は175名の方が私たちのブースに来てくださりました。

 

鈴木さん

関西NGO協議会 インターン 鈴木琴稀

【特定非営利活動法人 関西NGO協議会 鈴木琴稀】

鈴木さんは、広報担当として活動し、SNSを通じた情報発信と、「ワン・ワールド・フェスティバルfor Youth2015」の広報用動画を作成しました。当日の様子を撮影した約4分間のPR動画は、今後当事業の広報に使用される予定です。
インターンが終わっても、継続的に国際協力活動に目を向け、「いつかはNGO職員になり、困っている人のために自分の専門分野を活かして貢献したい」という抱負も熱く語ってくれました。

 

この報告会を通じて、インターン生全員がインターン開始時と比べて、いかに沢山の学びがあったのかを実感できました。学生インターンということで、様々な困難もあったと思います。しかしそんな私たちを、いつも暖かく見守ってくださった団体のスタッフ・関係者の方々のおかげで、責任を持って楽しくインターン活動ができました。

当日は長時間となりましたが、最後まで元気に思いを語ってくださったインターンの皆さま、ありがとうございました。

関西NGO協議会 インターン 李銀珠